配偶者控除を考える

担税力に応じた課税のために、配偶者控除という制度があります。

これは、例えば夫のサラリーで生計を立てている家庭ですと、妻に所得がないか、あっても給料の収入金額が年間103万円以下であれば、年末調整や確定申告で、夫の所得から38万円を控除することが出来ます。

さらに、夫の所得が1000万円以下であれば、妻の所得の金額に応じて、配偶者特別控除が上乗せされます。

働いていた会社を結婚退社し、子育てに専念していたが、それも一息ついたので、再び仕事をしたいお考えの方もたくさんおられることと思います。

子供のある女性で、仕事をする能力や意欲の高い方が、仕事にその実力を十分発揮していただくことの足かせとなっている事項の一つが、実はこの配偶者控除なのをご存知ですか?

このような女性の多くは、夫が年末調整で配偶者控除の適用を受けられるよう、自分の給料収入を103万円の範囲内でおさまるように仕事をしたいと言います。

妻が中途半端に給料をもらっていることで、夫の配偶者控除の適用がなくなってしまい、夫の税金が高くなってしまったり、さらには、夫の社会保険の被扶養者からはずされたり、夫の会社から家族手当がカットされたりするケースも考えられます。

そうなってしまうと、逆に、いわゆる「働き損」という現象が起こってしまいます。

元来、年間103万円、1ヶ月約8万5000円では勤務時間を相当短くするか、仕事の内容が安易なものになってしまいます。これでは本来の能力を発揮しようがないと思いませんか?

日本の中小企業を支えている働く女性が、持てる力を十二分に発揮出来るような、配慮ある法改正が必要だと感じているのは私だけではないと思います。

パート収入シュウニュウオウじる
配偶者ハイグウシャ特別トクベツ控除コウジョガク配偶者ハイグウシャ控除コウジョガク
パート収入シュウニュウ 配偶者ハイグウシャ特別トクベツ控除コウジョガク  配偶者ハイグウシャ 控除コウジョガク 合計ゴウケイ   控除コウジョガク
以上イジョウ 未満ミマン
0 70マン 38マン 38マン 76マン
70マン 75マン 33マン 38マン 71マン
75マン 80マン 28マン 38マン 66マン
80マン 85マン 23マン 38マン 61マン
85マン 90マン 18マン 38マン 56マン
90マン 95マン 13マン 38マン 51マン
95マン 100マン マン 38マン 46マン
100マン 103マン マン 38マン 41マン
103マン 105マン 38マン チュウ 38マン
105マン 110マン 36マン 0 36マン
110マン 115マン 31マン 0 31マン
115マン 120マン 26マン 0 26マン
120マン 125マン 21マン 0 21マン
125マン 130マン 16マン 0 16マン
130マン 135マン 11マン 0 11マン
135マン 140マン マン 0 マン
140マン 141マン マン 0 マン
141マン   0 0 0
チュウ)パート収入シュウニュウが103万円マンエン場合バアイには、控除コウジョガクオナじで、配偶者ハイグウシャ控除コウジョになります。